赤面症でもあるんです

幼稚園~小学校にかけて、気になる子と話すだけで顔を赤らめていた。友達にも好きな子は「××でしょ?」で即バレだった。

中学校時代は、クラスの同じ班になったA子が気になりだし、それまで笑いを取っていたのに突然話せなくなり赤面するようになった。というか、

「あれ?赤面してるかも!」→

「皆にばれる」+「笑われてる?」+「気持ち悪がられる」→

  はい[赤面!]のループ。

 いやそれはそれは苦痛でずっと混乱状態だった。今思い出してもあの時の俺は虚しくて可愛そうで悲しい。

そして高校も結局そんな感じ。辛い。

 

青春時代の赤面4年は長すぎたのか、社会人になった今でも赤面症である。

 

ただもう認めてあげたい。下垂体線種という脳みその一部を犠牲にしてまで、追い込んでしまった自分を。

個性かな?病気かな?でももうええやろ。

 

俺は赤面症です。

 

 

蛙男、30代サラリーマン、下垂体前葉機能低下症

蛙男、30代サラリーマンです。

下垂体前葉機能低下症という難病を患っています。

 

誰にも読まれないかもしれない、

でもきっと自分の為になる。